冷え症

冷え症にお困りの方へ

『気になるけど、どうしようもない』・『体質だからしょうがない』などと諦めていませんか? 

その冷え性ははり・きゅうなどの鍼灸治療で、改善・予防することが出来ます。

当院にご相談ください

日々このような事でお悩みを抱えていませんか?

・目の下にクマができやすい。 

・手足が冷えやすい 

・身体を動かしてもなかなか温まらない 

・冷えるとお腹が張ったり、痛み出す 

・トイレが近い、胃腸が弱く下痢になりやすい 

・寒い季節になると寝つきが悪くなる 

・冷房にあたると具合がよろしくない など 

 

冷え症(または冷え性)は我慢していればいいものではありません。 

 

西洋医学では、明らかな原因のない冷えは一般的に冷えやすい体質『冷え性』として扱われます。しかし、東洋医学では、冷えの自覚症状があわば治療対象となりますので、冷えを『冷え症』として扱われます。

なにせ東洋医学において冷え症は万病の元と考えられています。冷え症のままですと、肩こり・頭痛や腰痛などの痛み・生理痛や月経不順などの婦人科疾患・不眠症・自律神経失調症などの症状が併発し又は併発しやすくなります。 

 

冷え症を改善するために根本的な体質改善の施術を行えば、これらの症状ももちろん改善・予防をすることが出来ます。 

東洋医学での診方

東洋医学では以下の要因により、冷え症になりやすい方と診ます。


・身体の熱がないため温められない体質 

身体は熱を作り出す機能があります。老化や疲労など様々な要因により熱を作り出す力が弱くなったり、または熱を作り出すけどエネルギーが不足して熱を作り出せないことによって冷えが起こります。 

この体質の人は、お風呂に入ってもすぐに身体が冷めたり、冷えが強く胃腸まで冷えてしまうと未消化の便や下痢となって出てきます。


・気血水(身体に流れ廻るエネルギーや物質)の廻りが悪くなり現れる 

食生活の乱れや運動不足、精神的なストレスなど様々な要因により、全身に流れ廻っている『気』・『血』・『水(津液)』が乱れることで、全身に熱が行き届かなくなり冷えが起こります。 

このタイプの人は、特に熱が届きにくい手足や末端、下半身など局所が冷えたり、冷たい飲み物や食べ物を好んだりします。 


このようにあなた様の体質や施術日の身体の状態、不調の性質から判断して、適切なツボを選択して施術を行い、冷え症を改善していきます。

当院の施術

  • STEP
    01

    症状の把握

    身体にどんな負担がかかり、冷え症が現れるようになったのか把握し、どのような施術が適切なのか判断します。

    IMG_0918
  • STEP
    02

    適切な施術

    判断した施術から冷え症が最も良く変化する適切なツボを選択して、はりやお灸などの適切な方法で施術を行います。 

     

    IMG_0922
  • STEP
    03

    日々の養生法

    施術をより効果的にするために自宅で出来る冷え症対策や日々の生活の中で心掛けて頂きたいことなど、今後の説明をさせていただきます。

    2307222_s
セルフ対策
  • REASON
    01

    起床時には一杯の白湯を!

    朝起きたらまずコップ1杯の白湯を飲むようにしましょう。 

    人間は寝ている時に大量の汗をかくため、体内に水が不足してる状態になります。そのため、最低でもコップ1杯の水分を取るようにしましょう。水分を補給することで血行がよくなり、1日のはじまりから基礎代謝が上がりやすくなります。また、1年中冷えに悩んでいる全身冷え性タイプの方の場合は、夏場でもできるだけ冷たい水ではなく、常温または白湯を飲むように心掛けましょう。

    4036258_s
  • REASON
    02

    気候に合わせた服装を!

    昨今、夏でも冬でも冷暖房が良く効いて過ごしやすい環境も少なくありません。しかし、外気温との差が激しいために身体がついていけないこともあります。 

    なので、腹巻や薄手のカーディガン・ストールを上手く使い、身体が冷えることを防ぎましょう。  

     

    きついジーンズやストッキング・靴下・靴など、体を締め付けるものは体の血流を妨げて冷えのもとになります。できるだけ、体を締め付けない衣類を選ぶこと心掛けましょう。 

    4394882_s
  • REASON
    03

    普段の行動に工夫を!

    通勤や通学、お買い物など毎日の生活の中で、立ったり、歩いたりしていると思います。その行動を利用して、からだを温めましょう。立っている時はつま先立ちを、歩いてる時はいつもより早足を意識しましょう。 

    時間に余裕があるなら、ランニングやジムに通うなど、定期的に運動することを心掛けましょう。

    4334051_s
お気軽にお電話でご連絡ください
072-657-8011 072-657-8011
受付時間:9:00~11:30、15:00~18:30
特徴

お客様一人ひとりへの思いやりを込めた対応を行います

どのような痛みでお困りなのかを丁寧にヒアリングいたします

地域に根差す鍼灸院として、お客様一人ひとりに合わせた最適な施術をご提案しております。事前のカウンセリングに充分時間を設け、現在どういったお悩みを抱えているのか、日頃どのような暮らしを送られているのかなど、様々な情報をお伺いいたします。症状が出る本当の原因を追及し、一時的な緩和ではなく、根本的な改善を目指すことで、これまで色々試してみても成果が出なかった方からもお喜びいただいております。

対応できる症状も多岐に亘り、長年付き合っている慢性的な肩こり腰痛はもちろん、お客様の状態に合わせた施術が行える点は、地元を中心に確かな支持をいただいている理由でもあります。痛みのない安心の鍼灸を通して、お客様の辛い症状をしっかりと和らげ、健やかで快適な暮らしをサポートしてまいります。

Access

最寄りの鳥飼八防のバス停から徒歩圏内で営業しておりアクセスも良好です

概要

店舗名 ぬまた鍼灸院
住所 大阪府摂津市鳥飼八防1-8-4 井上ビル203号室
電話番号 072-657-8011
営業時間 9:00~11:30、15:00~18:30

水曜日は午前のみ
定休日 日曜、祝日
最寄り バス停 鳥飼八防より徒歩約1分
モノレール 南摂津市駅より徒歩約15分

アクセス

様々な体のお悩みに対応しており、あなた様からのご相談をもとに痛くない施術を提供いたします。
年齢を重ねると起きやすい腰痛やデスクワークによる肩こりなどの改善を導き、本来のコンディションに戻れるようお手伝いいたします。
バスでのアクセスが便利で、鳥飼八防のバス停からも徒歩圏内に位置しています。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事